FtMを自覚する女子大生の私とレズビアンのフェムネコとの出会い

MENU

 昔からずっと男の子に興味を持つことができなかったのです。
クラスの女の子たちが、あの男の子格好いいとか好きとか、そういう話をしていてもまったく興味が湧き出しませんでした。
それとは逆に、可愛い女の子には興味をたくさん持ってしまうのでした。
高校生ぐらいになるとFtMだと言う事は、かなり確信した自覚を持っていました。
クラスに本当に可愛い天使のような女の子がいて、思わず告白してしまったこともありました。
だけど相手はレズビアンではなかったため、ハッキリ断られてしまいました。
さらにその事か噂になってしまって、いたたまれない気持ちを味わったのでした。
その経験がありノンケの女の子に声をかけることができなくなってしまったのです。
それでもやっぱり女の子には興味津々、ボーイッシュな私とラブラブになってくれる相手との出会いはずっと望んでいるものでした。
こんな私が楽しみにしているのがTwitterなのです。
顔が見えないメリットを活かして、自分がレズであることを公にできますから、いろいろな方たちとつながりを持つことができるようになりました。
中には写メを要求してくるような人もいるのですが、実際それは本当の女の子ではないと言う事を、別のフォロワーさんから聞かされました。
そしてそのフォロワーさんからいろいろな話を聞くと、フェムネコの女の子を見つけ出す方法があると教えられていきました。
無料で利用可能なレズ掲示板やTwitterは出会いには不向きで、本人確認が必要な出会い系サイトを使えば、
ビアン同士のステキな出会いを探すことができるらしいのです。
タチとネコの完璧な相性を実現する出会いすら見つけられると言う事で、かなり期待する気持ちになっていきました。

私も将来的にはホルモン注射とかオペを視野に入れていますから、末永くお付き合いできるような女の子との出会いがあるかもと出会い系で恋人募集を本気モードでやってみることにしました。
現実では噂されてしまう危険もあるけれど、ネットの世界なら安心感が違います。

 

 FtMな私だから、当然男の子との関係を作ることはできないのです。
ずっと女の子にしか興味を持つことができず、どうしても恋愛をしたいという気持ちと、大人の関係を作りたいという考えを捨て去ることができませんでした。
同じ性癖の女の子と出会うためにも、やっぱり現実よりもネットの方が確実に有利なのは間違いがないでしょう。
安全なサービスを使っていけば、同じレズビアンの女の子と知り合いるチャンスが生まれるのですから、出会い系の利用は私にとっては必須に感じました。

 

 

名前:柚子姫
性別:女性
年齢:20歳
プロフィール:
 20歳の女子大生の私は、FtMであることを自覚しています。
これは小さい頃からなのですが、男の子を好きになると言うことはなく、逆に同性の女の子が気になってしかたがなかったのです。
可愛い女の子を見ると胸が締め付けられるような思いを感じてしまっていました。
レズビアンであるという自覚はしっかり持っていって、いつか女の子同士の関係をとずっと考え続けていたのです。